検索


最近のトラックバック

カテゴリー「ツーリング」の記事

2008年10月 4日 (土)

スカラベオ250 ロングツーリング仕様

今日は珍しく写真入でのUP。
スカラベオ250をロングツーリング仕様に変更。
カスタム内容はシガーソケットを付けて電源を確保できるようにした。
ロングシールドに変更した。
缶ホルダー等のガジェットを使えるようにステーを取り付けた。

作業1

シガーソケット取り付け

まずはフロントのカバーを外す。

フロントパネルの下側にあるネジを2本外す。

Skaracustom_001_2






ネジを外したとこ。

Skaracustom_002_2






寄ってみたけど写真写りが微妙。

Skaracustom_003






今回使うアイテムはこの2点。
15Aのヒューズから電源を確保する為のケーブル。
スカラベオはバッテリーから直接引っ張るのは取り回しが面倒なのでヒューズから。

それとシガーソケット

Skaracustom_004






ヒューズボックスと電源確保用の差し替えのヒューズ。

Skaracustom_005






差し替えたところ。
ヒューズは手で引っ張れば外れるけど、ラジオペンチとかあったら楽に外れる。

Skaracustom_006






グローブボックスを開けると左側にパネルがあるのでネジを外す。
覗いてみるとフロントのケース内とつながっているのでヒューズ側から配線を通す。
ちなみに+の端子だけなので1本だけ通す。青のケーブル。

それとボディアースをとるためにシガーソケットのマイナス側の端子のカバーを外して端子をペンチで開く。端子を切って芯線を出してアースをとってもいいと思う。

Skaracustom_007






ボディアースを取る。
目の前にあったボルトを利用。うまくアースがとれた。

Skaracustom_008







シガーソケットを接続して内部のカバーを閉める。

Skaracustom_009







工程の写真を撮るのを忘れたので完成した状態を色々なアングルで撮影。

Skaracustom_010







Skaracustom_011







Skaracustom_012







Skaracustom_013







これでロングツーリング仕様出来上がり。

後は先日落札した取締り用のレーダーが届くのを待つのみ。

この記事を書いた直後に届きました。

Skaracustom_014

ステイに直接取り付けをするために径の大きなネジに変更。

Skaracustom_015_2

秋の交通安全運動で見事にネズミ捕りにやられて15000円と2点をやられたから、二度と悲しい思いをしないためにヤフオクにて落札。

それを装着して完成。

取り付けは完了したが、周りが暗くなった為撮影断念。

明るい時間に再度撮影してUPします。

月曜の早朝から大阪に向けて600kmの旅に出ます。

2007年7月 2日 (月)

筑後方面ツーリング

今回はW-ZERO3をモデムとして友人に貸しているので写真はなし。

本当は午前中から出かけようと思ったのだが、買い物とか色々している間にお昼になり、昼食をとったりと色々してたら15:30ぐらいの出発になった。

特記というほどではないのだが昼食を食べた茶店がおいしかったので、ちょっと紹介。

ベル

筑紫野市二日市南2-9-10

ハンバーグステーキセットとグリルチキン?チキンステーキ?のセット

んー

かなりおいしかった。ハンバーグの方は細かく挽いた挽肉で柔らかく味付けも上出来。付け合せにジャガイモが1つ丸ごとついていたのだが、これが和風ソースを吸って最高に旨い!

チキンの方はイタリアンな感じのやつを頼んだんだが、肉も柔らかくたっぷりのチーズが最高に旨い。食後のコーヒーも香りがよくてコクもあっておいしかった。

残念なのはチキンの方の皿に水滴がついていたことぐらいか。ランチタイムで一人1000円を超えるような勢いなので、もう少し気を使って欲しかった。

その後ツーリング開始。温泉に入る予定だったので、振り分けバッグに温泉セット(石鹸やシャンプー、着替え等)と飲み物に保冷剤など大量に仕込んで出発。鳥栖筑紫野有料道路(現在無料)を通って久留米に出て23号を通り柳川をかすめて442号→209号と通って船小屋共和国を横目にちょっと進んで左折。

内野樟脳という日本で1件だけしかないという天然の樟脳をあつかっているところに到着。非常にわかりにくい場所にあり、看板も出ていない。材木屋のようなところの道路向かいの民家で販売している。

樟脳というのは防虫効果が高く昔は衣類の防虫剤として使われていたとのこと。衣類以外にも蟻などにも効き目があるらしい。

樟脳屋のお婆ちゃんが親切に色々教えてくれた。さらに世間話の中で炭酸水が沸いているからよってみたらいいとのこと。そこもすでに調査済みで行く予定だったが、せっかく教えてくれているのでそんなことは言わない。

本当は樟脳屋さんの近所に炭酸が沸いているのだが、時間的な都合で瀬高の蒲鉾屋さんに先に行くことになった。

209号に出て10分ほど走ったら左側に吉開かまぼこという店がある。無添加のカマボコのお店ということで期待して行ってみた。いわしカマボコがおいしい他のは・・・おいしいけど金額に見合ってない気がする。

その後、炭酸が沸いているところに行き水汲み場で水を汲もうとするが1分10円というのに愕然とする。500ccのペットボトル2本しかもっていなかったから。とりあえず、その場にいたおばちゃんにペットボトル2本分汲んだあまりを有効に使ってもらうようにした。

そしたら、そのおばちゃんが1.5lのペットボトルをくれたので、ありがたくいただく。

なんとなく筑後地方の優しさにふれた気がした。みんなフランクに話しかけてくれる。

それから温泉に入るためにベンガラ村へ。家族風呂に入りたいと申し出ると2時間待ち・・・

早くお風呂に入りたかったが、しょうがない。知らない土地で違う温泉を探すのも面倒だ。こんなときW-ZERO3があればすぐに探せるのに・・・

なくしてわかるありがたさ。

家族風呂を予約して近くのゆめタウンに行き食事をした。あんまりおいしくなかった。

予約した際に受付の人がタンクバックと振り分けバックを預かってくれた。気が利くやつだ。将来金持ちになったら、うちで雇ってあげよう。

予約の時間が近づいたのでベンガラ村へ戻る。20:40分からということになっていたので20:30分に戻ってみるとすでに準備が出来ており10分早く入ることが出来た。けっこうお客さんが多かったのに、ちゃんと名前を覚えていた受付の人。偉い!

将来偉くなったら、家でやt(ry

お湯の質はけっこうよかった。硫黄線と水道水のブレンドな感じ。

湯船も広くのんびり出来た。

また機会があったら行きたいと思う。ビバ!ベンガラ!

夜も更けてきてるので帰りは高速で。

八女インターから乗って筑紫野インターまで。

30分弱で到着。

800円でした。

それから友人宅にバイクの差し替えに行って24時に帰宅。

給油もしたが、燃費はまだ計算してない。

出発が遅かったので帰りも遅くなったが、ちょっとツーリングにはちょうどいい距離だった。

スポンサードリンク


ウェブページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ